top of page

第一弾映画

二ノ宮隆太郎監督

最新作

wakamusha_title

Wakamusha

Roadshow  25th May, 2024 around the world

5/25(土) 世界同時期公開

数年前から、俳優・髙橋里恩の出演作を追いかけています。
そして、彼がどの役も独創的に演じていることに驚かされてきました。
彼は小さな役でも、二ノ宮隆太郎の「若武者」のような重要な役でも、
素晴らしい演技をする俳優です。

現代の日本映画界で活躍する若手俳優の中で、
彼ほど複雑怪奇な人物の表情を演じられる人はあまりいないと思います。
高橋里恩は同世代の感情やニーズを表現しています。
視線で、ちょっとした仕草で、セリフの言い回しで、
沈黙で、怒りの表現で。

日本の映画界は今こそ、この俳優の演技力を取り入れるべきでしょう。

アミル・ナデリ

映画監督

二ノ宮隆太郎監督の作品を追うことに喜びを感じる。
『若武者』はその大胆な青春描写により、
二ノ宮隆太郎の才能を明示し、
現代日本映画において唯一無二である

“自らの声”を貫く意志を高らかに宣言している。

カルロ・シャトリアン
前ベルリン国際映画祭アーティスティック・ディレクター

イントロダクション

唯一無二のスタイルで世界を圧倒し続ける
二ノ宮隆太郎監督、待望の最新作

監督・主演を務めた長編第二作『枝葉のこと』(2017)が第70回ロカルノ国際映 画祭、さらに前作『逃げきれた夢』(2023)が第76回カンヌ国際映画祭に正式出品されるなど、国境を越えて着実に評価を積み重ね、様々な立場に置かれた 人々の“生き様”にフォーカスしてきた二ノ宮隆太郎監督。待望の最新作は、3人の若者を主人公に描く青春群像劇で、主演には期待の新世代俳優・坂東龍汰、髙橋里恩、清水尚弥が抜擢された。彼らを取り巻く大人たちには、木野花、豊原功補、岩松了ら実力派俳優らが名を連ねる。さらに、音楽ユニット・ group_inouのimaiが長編映画では初めて音楽を手掛け、予測不能な展開に彩りを加える。

00main1.JPG

寄る辺ない日常の中で

「人生」へ疑問を抱きながら、

未来に抵抗する若者たちの物語

「善/悪」「生/死」「自/他」という人生の普遍的な問いに独自の目線で光を当てる

鋭い言葉の応酬と、不穏かつ美しい絵画的ショットの連続で、

日本映画の新たな地平を切り拓く衝撃作が誕生した。

「誰もが観たい映画ではなく、誰かが観たい映画を つくる」をミッションに掲げる新レーベル、「New Counter Films」第一弾作品。

若武者主演俳優坂東龍汰、髙橋里恩、清水尚弥

Story

工場に勤める寡黙な渉(坂東龍汰)、

血の気の多い飲食店員の英治(髙橋里恩)、

一見温厚そうに見える介護士の光則(清水尚弥)は、

互いに幼馴染の若者 である。

 

ある晩秋の昼下がり、暇を持て余した彼らは

“世直し”と称して街の人 間たちの

些細な違反や差別に対し、無軌道に牙を剥いていく。

 

その“世直し” は、徐々に

“暴力”へと変化してしまうのだった─。

ストーリー

Cast

キャスト

Director

監督

監督・脚本

二ノ宮隆太郎

Written & Directed by

Ryutaro Ninomiya

二ノ宮隆太郎 Ryutaro Ninomiya

この映画の若者は、一見とても幼稚なことを話します。
ですが、この世界をどう生きていくことが

自分にとって、他人にとって、世界にとっての
革命になるのかということを真剣に思考します。
素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと
他に無い映画を作りました。
ぜひ観ていただけたら幸いです。

Profile

1986年8月18日生まれ。神奈川県出身。
2012年、初の長編作品『魅力の人間』が第34回ぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞し、海外映画祭でも好評を博す。2017年、監督、主演を務めた長編第二作『枝葉のこと』が第70回ロカルノ国際映画祭の新鋭監督部門に選出される。2019年、長編第三作『お嬢ちゃん』が公開。前作『逃げきれた夢』はカンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品された。俳優としても活躍しており、『山女』(福永壮志監督、23)、『LOVE LIFE』(深田晃司監督、22)、『ヤクザと家族』(藤井道人監督、21)などへ出演し、強い印象を残している。

Staff

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー:堤 天心 関 友彦
プロデューサー:鈴木徳至
撮影:岩永 洋
録音・整音・効果:松野 泉
美術:福島奈央花
スタイリスト:小笠原吉恵
ヘアメイク:河本花葉
編集:長瀬万里
音楽:imai

助監督:平波 亘

制作担当:大川奏耶 井口 慶

宣伝:加藤智子

宣伝協力:青木基晃

宣伝美術:畑ユリエ

スチール:伊藤奨

メイキング:ヨシダシゲル

英語字幕:ドン・ブラウン

予告編:川添彩

企画協力:國實瑞惠

製作:コギトワークス U-NEXT

制作プロダクション・配給:コギトワークス

Presented by New Counter Films

Music

imai(音楽ユニット・group_inou)

group_inouのTRACK担当。2017年より本格的にソロ活動を開始。クラブからライブハウスまで、これまで以上に活動の幅を広げる。フジロック、BAYCAMP、森、道、市場、ボロフェスタ、全感覚祭等の大型イベントにも出演。橋本麦が手掛けた「Fly feat.79,中村佳穂」のMVはVimeoのStaff Picksに選出、新千歳空港国際アニメーション映画祭の観客賞、香港のifva awardsで特別賞を受賞するなど、世界各地で話題となっている。2022年4月にコラボアルバム「MONSTERS」 をリリース。
​長編映画の音楽を手掛けるのは今回が初。

imai.jpg
シネマシート

Theater

劇場

ユーロスペース

5/25(土)〜
東京都渋谷区円山町1-5
KINOHAUS 3F

Tel: 03-3461-0211

シネマ・ロサ

5/25(土)〜
東京都豊島区西池袋1-37-12
Tel: 03-3986-3713

kino cinéma 立川高島屋S.C.館

5/25(土)〜
東京都立川市曙町2-39-3
立川髙島屋ショッピングセンター8F

Tel: 042-512-5162

鶴岡まちなかキネマ

Coming Soon
山形県鶴岡市山王町12-36
Tel: 0235-64-1441

小山シネマロブレ

5/31(金)〜6/13(木)
栃木県小山市中央町3-7-1
ロブレイズミヤビル7F

Tel: 050-3196-9000

宇都宮ヒカリ座

6/14(金)〜6/27(木)
栃木県宇都宮市江野町7-13
プラザヒカリ B1F・5F

シネマテークたかさき

5/31(金)〜
群馬県高崎市あら町202
Tel: 027-325-1744

キネマ旬報シアター

5/25(土)〜
千葉県柏市末広町1-1
柏高島屋ステーションモール S館隣り

Tel: 04-7141-7238

横浜シネマリン

5/25(土)〜
神奈川県横浜市中区長者町6-95
Tel: 045-341-3180

上田映劇

5/25(土)〜
長野県上田市中央2-12-30
Tel: 0268-22-0269

センチュリーシネマ

6/14(金)〜
愛知県名古屋市中区栄三丁目29-1
名古屋パルコ東館8F

Tel: 052-264-8580

アップリンク京都

5/31(金)〜
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2
新風館 地下1F

Tel: 075-600-7890

テアトル梅田

5/31(金)〜
大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
梅田スカイビルタワーイースト 3・4F
Tel: 06-6440-5930

元町映画館

6/1(土)〜6/7(金)
兵庫県神戸市中央区元町通4-1-12
Tel: 078-366-2636

豊岡劇場

5/31(金)〜
兵庫県豊岡市元町10-18
Tel: 0796-34-6256

 

横川シネマ

6/1(土)〜
広島県広島市西区横川町3-1-12
Tel: 082-231-1001

シネマルナティック

Coming soon
愛媛県松山市湊町3-1-9
マツゲキビル2

Tel: 089-933-9240

kino cinéma天神

5/25(土)〜
福岡県福岡市中央区警固1-15-38
カイタックスクエアガーデン 1号棟3階

Tel: 092-406-7805

THEATER ENYA

5/25(土)〜6/6(木)
佐賀県唐津市京町1783
KARAE 1階
Tel: 0955-53-8064

別府ブルーバード劇場

6/7(金)〜6/13(木)
大分県別府市北浜1-2-12
Tel: 0977-21-1192

Phoenix Cinema

Coming soon
52 High Road, London, N2 9PJ, UK
Tel: 020-3074-1967

Dryden Theatre

Coming soon
900 East Avenue, Rochester, NY 14607, U.S.A
Tel: 585-327-4934

Trailer

予告編
NewCounter Films 映画 若武者
cogitoworks
U−NEXT
bottom of page